<   2007年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

木曜固定本体開催
d0094986_7494891.jpg
なんだか久しぶりな気がしました

友がタライラスクエに行くというのでお手伝いに
d0094986_750545.jpg
3人で入る予定が一人来れなくなったので2人で行きましたw
お手伝い5回目くらいなのですっかり楽勝です♪

出会いを求めて流離うノラ猫
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-28 13:33 | めいぷる日記♪
水曜大親分と遊ぼうの会
d0094986_538729.jpg
集まっていただきましたが編成の都合で今日は中止に><
また来週頑張りましょう!

そのままギルドビサスへ
d0094986_5472867.jpg
犬2匹と猫1匹で行ってきました♪

属性杖の威力検証
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-27 14:47 | めいぷる日記♪

9月25日 keep tryin'


d0094986_23415093.jpg
たまにはINせずに日付が変わる前に寝るのもいいかな・・・

オルゴールが流れます
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-25 23:42 | めいぷる日記♪
23日 以前から楽しみにしていたギルクエのボス戦やりまくりましたw
d0094986_1371260.jpg
今回の参加者はこんな感じです♪

ネクロマンサーのばかーっ
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-25 18:10 | めいぷる日記♪
本日はギルクエ、本体、BGとボス戦を3種類やりました
5PT本体戦9月23日
[メイプルストーリー][ジャクム][ビシャス]
5PT本体戦9月23日
by ginjaku
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-24 06:10 | めいぷる動画♪
22日未明投姫にてビサス参加
d0094986_10573559.jpg
超重いという方がいたのでアバなし推奨で集合;;
頭だけは勘弁してくださいっ

ユニコ再来!
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-23 17:56 | めいぷる日記♪
@3%だった投姫を133にしておきました
d0094986_13292225.jpg
なかなか上がらなくなってきてちょっとペースダウン気味です

反論させてぇーーー
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-21 14:08 | めいぷる日記♪
酷暑だった今年の夏も終わり朝晩は少し寒い風が通るようになってきました
d0094986_16243712.jpg
ふと気付くともうすぐ衣替えなんですね





めいぽを始めてからよく思うことがあります
「この人は○才くらいかなー」
それは友チャから流れてくる会話とか、一緒に話していてそこから感じ取るものです
実際相手の顔を見ていない為、先入観など抜きにしているので
きっとその人の持っている魂の年齢なのかなぁ、などと思ったりします


「俺高校○年生なんだ~」とか「もうすぐ高校受験だから勉強しないと」などと聞くと
つくづく若いっていいなぁ~と思ってしまいます
私にもそういった時期は確かにあったのですが
二十歳をとっくに超えてしまったせいか気軽に年齢を言うということができず淋しい限りです


私は周囲からどう見られているかよくわからないけど
自分の魂は「幼稚園児」くらいのような気がします
後先考えず周りを見ずに走り出してみたり
好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!そして欲しいものは欲しい!!!
これをやると言ったらぜったいにやるぅぅぅxーーーみたいな
・・・まさしく分別のない幼稚園児ですねorz
それにちょこっとだけ実生活での年齢が加算されてしまってしまったから
ずる賢くなっていて手がつけられません(笑


私はきっとまだまだたくさん学んで魂の年齢を重ねていく途中なのかもしれません


d0094986_16273827.jpg


魂の年齢・・・などと考えているうちに私の幼馴染のことを思い出しました


彼女は私より半年先に生まれた同い年、同じ苗字、名前も似ていて
身長も体重も同じくらい、ことあるごとに比較される存在でした
だからといって卑屈になったことは一度もなくとても仲が良かったのです
なぜなら彼女と私は明暗を分けたように対照的だったからです


彼女は一重まぶたの美人タイプの顔立ちで
性格は思慮深く大人びていていつもみんなに優しく
とても清潔で勉強もよくできて賢い、男子からは常に憧れの存在でした

私はというと二重まぶたのぱっと見かわいいタイプで(比較して、という意味です)
性格は外見に反して男勝りで好き嫌いが激しく
運動神経がよかったので女子からは好かれていたかもしれないけど
男子からは煙たがられるような行動ばかりしていました


小学・中学と同じ道を毎日一緒に他愛もないおしゃべりをしながら通い
同じ高校に進学し、卒業までずっと一緒に通う・・・それが当然のことだと
私はその日がくるまで信じて疑いませんでした


高校1年の夏休み、私は部活動に明け暮れていました
彼女は「欲しいものがあるから」とアルバイトを始めました
「今度の日曜○○(彼女の働いているファミレス)に来てよ♪」
2学期が始まってすぐ彼女からそう誘われました
そして彼女の働く姿を初めて見る機会が来ました

学校の制服姿でも大人びて見える彼女が
なお一層綺麗なウェートレス姿で私の前に現れました
とても楽しそうに
「これがおすすめなの、私がちょこっと作るの手伝ったから食べてねっ」
そう言って茄子とホウレン草のミートソースを運んできてくれました
そのパスタは本当においしくて何度かお店に通うようになりました


冬休みの少し前でした 
彼女が急に深刻そうに私に尋ねてきました
「美姫ちゃんは、もし、好きな人と自分の親
 どちらか選ばないといけないとしたらどっちにする?」

多感な少女時代を一緒に過ごしてきたこともあり
この手の話は別段不思議にも珍しくも思いませんでした
「親だよー当たり前でしょ」
私は即答しました
「そっか・・・お父さんもお母さんも優しいもんね」
そう言われて「そうだよー」なんて能天気に答えた私には
彼女が一人悩んでいることにかけらも気付きませんでした



そして冬休みが明けた日
彼女は学校への待ち合わせ場所に現れませんでした
「待ち合わせ時間から10分すぎたら先に行く」
という約束を私はなんの疑いもなく続けていました
彼女の母親からは
「しばらくお休みするからひとりで登校してね、心配いらないから」
と連絡がありました

2週間ほど経った頃でしょうか、彼女の噂話が瞬く間に駆け巡りました
「由樹ちゃん(彼女)が駆け落ちしたらしい」
「家族を捨てて男のところに逃げたんだって」
もっとひどい言葉もたくさん飛び交っていていました
そして一番仲の良かった私は質問攻めに合いました
私は
「何も聞いてない」
「何も知らない」
それを繰り返すばかりでした、そして事実そうだったのです


後日詳しい話を人づてに聞きました
アルバイト先で知り合った年上の男性とお付き合いしていたけれど
その彼が仕事を辞めて地元に帰ることになった
そしてそれが時々会いに行けるような距離ではなく
彼女は家族も何もかも捨てて彼の元に行ったと・・・

私には彼女の行動が理解できませんでした
両親と祖父母から溺愛されて育った私には家族以上の存在などいなかったからです
愛は絶え間なく降り注いでくるもので
自ら欲したこともなければ、だれかに愛を注ぐということすら知らなかったからです

まさに幼稚園児的思考・・・
今でも私のその本質は変わっていないような気がします


私が彼女を大好きだったのはきっと
母親的な存在で私のそばにいてくれたからかもしれません
後々考えると私は彼女に好かれようとか好かれたいとか
そんな考えを持ったこともありませんでした
いつも優しい存在でそばにいるのが当然だと思っていました
彼女からすれば私はきっと危なっかしくて目が離せない存在だったのでしょう



今となっては彼女の噂話も絶えました

嫁いだ先で彼女はきっとみんなに愛されて過ごしていると思います
そうであって欲しいと、私は願わずにはいられません
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-21 01:59 | りあ♪
水曜BG戦の動画を久しぶりに撮りました

水曜はPTのグル長をするのですぐに対応できるよう
左にPT欄を出したままでやっています

今回はBG召還前から載せています
召還のタイミング、攻撃のタイミング
各職毎の役割や行動パターンなどわかりやすく見れると思います

9月19日水曜BG戦
[メイプルストーリー][大親分][]
9月19日水曜BG戦
by ginbuntyou
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-20 17:17 | めいぷる動画♪

9月19日 自戒

いつもの水曜大おやびんと遊ぼうの会

BGA
d0094986_159572.jpg

BGB
d0094986_1592496.jpg

・・・大親分撮り忘れた><

私はいつも何かを求めるだけで何かを与えることができてはいない
[PR]
by ginryunomiko | 2007-09-20 02:44 | めいぷる日記♪

宙姫235Lv帝王234Lv聖姫231Lv念姫216Lv銃姫213Lv弩姫筍姫212Lv還姫208Lv投姫202Lv萌姫扇姫讐姫氷姫鈍姫天使極姫201Lv鉾姫輝姫陛下蹴姫剣姫刀姫双弓海姫弓姫機械椿姫柊姫砲姫斬姫炎姫風姫零姫200Lv200以下省略


by 銀文鳥